物質量

変換する:

-
広告
物質量(ぶっしつりょう)は、1971年に国際単位系の7番目の基本量に定められた量で、アボガドロ定数 (6.0221367(36)x1023) を単位とした物質の量である。物質、すなわち原子、分子、イオン、電子などあるいはこれらの集合体からなる不連続構造をもつ単位粒子から構成されるが、物質量はそれら単位粒子の数を非常に大きな数を単位として示したものを意味する。物質量の単位はモル(mol)である。表記する場合は、量記号はイタリック体のn 、量の次元の記号はサンセリフローマン体の N が推奨されている。 さらに読む >>

翻訳が必要です - 日本語

ここでは、お使い言語の翻訳や綴りの修正を提案することができます。管理者に通知すると、管理者が変更内容を公開するかどうかを決定します。ご提案よろしくお願いします。